ガジェット

【レビュー】Xiaomi Mi smartband4がコスパ良すぎ!!

こんにちは、しょへです。

今回は、

スマートウォッチって、何ができるの?

Apple watchは高いし、コスパがいいスマートウォッチってないの?

 

という声にお答えし、私が使っているおすすめスマートバンドを紹介します。

 

結論から先に言います。今回皆さんにおすすめしたい商品は

Xiaomi Mi smartband 4です。

 

私は過去にApple watchを使っていましたが、色々な面を比べたうえで、

 

現在はApple watchを売却し、シャオミのMi スマートバンド4に乗り換えました

 

Apple watchユーザーに聞きたい!!

 

使ってる機能は、時計・LINE、カレンダー、リマインダーなどの通知機能だけじゃない??

価格に見合った、価値を享受できているか?

 

それならシャオミのMi スマートバンド4で全て事足ります(笑)

 

値段10分の1以下です

 

もはや、Apple watchは多機能すぎて使いこなせていない人が多い。

持っていることによる、ステータス的な意味の方が大きくなっているような気がします。

 

スマートウォッチの用途にもよりますが、私が切り替えた理由は以下の3つです。

 

小型軽量(つけっぱなしでも苦にならない)
十分すぎる機能
こまめな充電がいらない(1ヵ月充電なしで稼働する)

 

それぞれの要素や商品詳細などをこれから説明していきます。

この記事を読めば、以下のことががわかります。

 

スマートバンドとは
Mi スマートバンド4の特徴
Apple watchとの比較
このスマートバンドでできること

スマートウォッチvsスマートバンド

特徴

今回紹介したいMiスマートバンド4はその名の通り、スマートバンドです。

両者の違いを超簡単にまとめると下記の図のようになります。

スマートウォッチに代表されるApple watchと比べれば、両者の特徴がわかりやすいと思います。

 

Apple watchは、かっこいい・多機能・つけているだけで気分が上がりますよね。ただ、その分高価だったり、ずっとつけ続けるには大きかったり、重かったりします。

 

それに比べてスマートバンドはどうでしょうか。スマートウォッチに比べ、軽量で小型なものが多いです。

 

機能面に関しては劣るかもしれませんが、健康データのトラッキングする上では常時バンドを装備しているというのが前提になってきます。

 

スマートウォッチと比べると、スマートバンドは、日常のストレスを感じることなく、常に装備することができます。

 

健康管理などに重きを置くひとは、スマートバンド一択です。

Apple watchとの比較

 

1番気になるのはApple watchとの比較でしょう。ここでは最新版のApple watch series5との比較をしてみます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ProTech(@protechru)がシェアした投稿

・Apple watch series5

 

この投稿をInstagramで見る

 

Apple Watch Lifestyle(@applewatchlifestyle)がシェアした投稿

・Mi smart band4

 

この投稿をInstagramで見る

 

Karan Rao – Wow Studios(@karan.wow)がシェアした投稿

やはりかっこよさはApple watchに軍配が上がるでしょうか笑

しかし考えてみてください、3000円代でこの見た目のクオリティを誇っているMi スマートバンド4もなかなかのものです!

 

価格・スペック

使っていて気になるメインどころのスペックは、下記のようになります。

時計に何を求めるのかにもよりますけど、コスパ的にはMi スマートバンド4がApple watchを凌駕しています。

 

僕が乗り換えた大きな要因になるんですけど、結局スマートウォッチを買ったところで日常的に使う機能って限られるじゃないですか。

 

僕の中で欠かせない機能があって、それは以下の3点でした。

SNS・TODO等の通知・リマインド機能
ヘルスデータのトラッキング機能(睡眠時間・歩数等)
目覚まし機能

 

正直この3点さえあれば何でもよくて、それ全部Mi スマートバンド4で事足りるんですよね。

 

 

Apple watchは色々な機能がついていて、色々やりたくなる気持ちもわかるんですけど、

そんな機能使って色々触っているのも買って1習慣程度のことで、

 

使って1ヵ月も経ったら忘れてます。笑

 

僕にとってApple watchは、完全にオーバースペックでした。Apple watchユーザーの方、胸に手を当てて考えてみてください。。



 

Mi smart band4の詳細

Apple watchとの比較もそろそろ飽きたと思うので、今回の主役Mi smart band4の紹介をしていきます。

製造メーカー

まず、このスマートバンド、シャオミというメーカーから出ています。

 

初めて聞いた方も多いかもしれません。シャオミは中国北京に本社を置く、総合家電メーカーです。

 

中国のAppleともいわれており、スマホ市場では現在金額ベースで世界シェア4位にまで浮上している世界的なメーカーでもあります。

※2020年5月時点

https://www.mi.com/jp/

そんなシャオミが出しているスマートバンドがこのMiスマートバンド4です。

 

世界4位のスマホメーカーがシリーズ化して出しているスマートバンドになるので、かなりのハイクオリティであることは保証できます。

しかもめちゃめちゃ安い。

 

Xiaomi Mi smart band4でできる便利なこと5選

このMiスマートバンド4にはMi smartという専用アプリがあり、そこで色々なヘルスデータや、目覚ましの設定などができます。

 

-睡眠時間測定

まず、代表的な機能ですが、睡眠時間のトラッキングができます。

入眠するときに何かボタンを押しているわけじゃなく、バンドを腕に巻いていつも通り生活しているだけで睡眠時間を測ってくれます。

 

ただ睡眠時間を測ってくれるだけではなく、深い眠り・浅い眠りやいつ目が覚めているかなどがわかります。

また、1日の睡眠だけにフォーカスせず、今までの自分の睡眠習慣と比べて、自分の睡眠がどのようになったのかという変化や、

 

 

Miスマートバンドを利用している他のユーザーと自分の睡眠の比較もできるんです。

歩数測定

こちらも代表的な機能になりますが、日々の歩数を測定することができます。

自分の1日あたりの目標歩数を決めれば、その目標に対するGAPや、進捗具合をディスプレイで表示してくれます。

ランニングなどを行う際も、つけっぱなしにできるので、運動中の心拍数などもトラッキングすることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

So1 k18(@so1_k18)がシェアした投稿

目覚まし

大体のデジタル時計についてるし、わざわざ目覚まし機能なんて紹介するなよ

って思っている方、聞いてください笑

これ他の時計にはなくて、Miスマートバンド4にはある地味な機能なのですが、このスマートバンド、

振動するんです(笑)

 

つまりどういうことかというと、アラームによる起床だけではなく、腕についたバンドからのバイブによって目覚めることができます。

これには朝に弱い私もかなり助けられており、スッと起床できるようになりました。

その他SNS通知

これわざわざ紹介するまでもない、スマートウォッチにはほぼ間違いなくついている機能ですが、

もちろんMiスマートバンド4にもSNSやTODOのリマインド機能がついています。

個人的にはわざわざ時計にメッセージ通知出さなくてもいいよとも思いますが、

カレンダーやTODO事項を時計上に表示できる機能はとても重宝していました。

まとめ

いかがだったでしょうか。スマートウォッチにもスマートバンドにもそれぞれ一長一短はありますが、

この低価格でこれだけの機能がついているスマートバンドはシャオミのMiスマートバンドだけだと断言できます。

気になった方はぜひ、購入を検討してみてください!

 

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.